Aller au contenu principal

Réparez vos affaires

Droit à la réparation

Boutique

Anglais
Japonais

iPad Mini CDMAモデルの液晶ディスプレイアセンブリの交換

Informations sur le tutoriel

= Terminé = Incomplet

      Décrivez la pièce ou le composant spécifique de ce device sur lequel vous êtes en train de travailler. Par ex : batterie

      Créer un titre.

      Ce bref résumé n'apparaîtra que dans les résultats de recherche.

      Communiquez des informations de base avant que le lecteur ne se plonge dans le tutoriel.

      Étapes du tutoriel

      Étape 1

      液晶ディスプレイを背面ケースに留めている上部と下部右側のネジを覆っているフォーム製テープがあります。

      Étape 2

      液晶ディスプレイ上部左側のネジは正面パネルからの接着テープによって覆われていることがあります。

      Étape 3

      背面ケースに留められた液晶ディスプレイから3.9 mm #000プラスネジを4本外します。

      Étape 4

      ピンセットの先端を使って、液晶ディスプレイフレームと右側のスピーカーを接続させているテープの小さなパーツを剥いで外します。

      Étape 5

      液晶ディスプレイのフレームに留められたフォーム製の長細く薄いテープは液晶ディスプレイとその下に埋められたパネルを接続させているテープの上に貼られています。手順を進めるには、このテープの下に隠れているパーツを確認するため、フォーム製のテープの一部分を剥ぎ取る必要があります。

      Étape 6

      液晶ディスプレイのフレームと液晶ディスプレイ上部に留められたテープの隙間にスパッジャーの先端を差し込みます。

      Étape 7

      液晶ディスプレイは左右両側の端と上部に沿ったメタル製の液晶ディスプレイシールドプレートに接着剤で留められています。この接着剤を安全に取り外すには、左右の端に開封ピック(ギターピック)を差し込んで数ミリ単位で少しずつ押し上げる作業を数回繰り返すことです。

      Étape 8

      液晶ディスプレイの左側下にピックを3箇所差し込み、各場所でピックを折り曲がるように固定し、背面ケースの右側端に向かって液晶ディスプレイをスライドします。

      Étape 9

      液晶ディスプレイの右側サイドに作業を移します。液晶ディスプレイの裏側から左側サイドに沿ってギターピックでこじ開けます。

      Étape 10

      次の手順ではスパッジャーを液晶ディスプレイとメタル製バッキングプレートの間に差し込みます。スライドさせながら、液晶ディスプレイとその下に留められた接着剤を完全に剥がします。

      Étape 11

      デバイスの上部右からスパッジャーを液晶ディスプレイフレームとメタル製バッキングプレートの間に差し込み、スライドさせながら接着剤を剥がします。

      Étape 12

      液晶ディスプレイの上部に沿って前回の手順を繰り返します。

      Étape 13

      液晶ディスプレイの左側も同じように作業を繰り返します。液晶ディスプレイとシールドプレートの間にスパッジャーの平面側先端を挟み、できるだけ奥まで押し込みます。

      Étape 14

      液晶ディスプレイを背面ケースから数インチ押し上げます。ディスプレイから接着剤が剥がれていることを確認します。

      Étape 15

      2本の幅広のテープが、液晶ディスプレイとスピーカーを接続しています。

      Étape 16

      スパッジャーの平面側先端を右側スピーカーと液晶ディスプレイのテープの間に差し込みます。

      Étape 17

      液晶ディスプレイをひっくり返して、フロントパネルのガラスの上に載せます。

      Vos contributions sont faites dans le cadre de la licence open source Creative Commons.