Aller au contenu principal
Anglais
Japonais

Traduction de l’étape 1

Étape 1
The zero insertion force (ZIF) connector often causes trouble for beginners. ZIF connectors are used to secure delicate ribbon cables, such as FFC (flat flex cables) or FPC (flexible printed circuit) cables. As the name implies, no force is needed to plug in or remove the cable. To disconnect the cable, use the tip of a spudger or your fingernail to flip up the small locking flap. Then, you can safely pull the cable out.
ZIF Connectors
  • The zero insertion force (ZIF) connector often causes trouble for beginners. ZIF connectors are used to secure delicate ribbon cables, such as FFC (flat flex cables) or FPC (flexible printed circuit) cables.

  • As the name implies, no force is needed to plug in or remove the cable.

  • To disconnect the cable, use the tip of a spudger or your fingernail to flip up the small locking flap. Then, you can safely pull the cable out.

  • Be sure to pry up on the hinged flap, not the connector socket.

  • The flap may be either on the same side as the cable, or on the opposite side. Inspect your connector before you start prying.

  • The white line on this ribbon cable marks the edge of the connection area. To reinstall, insert the cable into the connector up to this line, and then close the locking flap. If the cable doesn’t insert easily up to (or very near to) this line, it’s probably misaligned and needs to be gently removed and repositioned.

Zero Insertion Force/ゼロ挿入力 (ZIF) コネクターはFFC (Flat Flex Cables) やFPC (Flexible Printed Circuit)などのようなデリケートなリボンケーブルを結合するために使われます。しかしながら、修理初心者にトラブルをもたらすことがあります。

名前から推測できるようにケーブルを差し込んだり、取り外す際には力が不要です。

ケーブルを外すには、スパッジャーの先端や爪先を使って小さなロック式フラップを持ち上げます。それから、ケーブルを安全に引き出せます。

蝶番状のフラップを持ち上げてください。コネクターのソケットには接触しないでください。

フラップはケーブルと同じ側、もしくは反対側についています。こじ開ける前に、どちら側にコネクタがあるか点検してください。

このリボンケーブルの白いラインは接続エリアの端に合わせます。再装着するにはケーブルをコネクターのこのライン上まで挿入します。それからロック式フラップを締めてください。ケーブルがこのラインまで(あるいはライン付近まで)簡単に装着できない場合はケーブルが曲がっている可能性があります。そのため、一度ケーブルを取り出して再度揃えてください。

Vos contributions sont faites dans le cadre de la licence open source Creative Commons.