Aller au contenu principal
Anglais
Japonais

フォルクスワーゲン・ジェッタ1999-2004年式、オイル交換

Informations sur le tutoriel

= Terminé = Incomplet

      Décrivez la pièce ou le composant spécifique de ce device sur lequel vous êtes en train de travailler. Par ex : batterie

      Créer un titre.

      Ce bref résumé n'apparaîtra que dans les résultats de recherche.

      Communiquez des informations de base avant que le lecteur ne se plonge dans le tutoriel.

      Étapes du tutoriel

      Étape 1

      まず運転席側をジャッキアップするにあたって、フレームの長辺側にあるフロントホイールの端から5インチ(12.7cm)後ろの場所にジャッキを設置しジャッキアップします。これは取扱説明書にかかれている場所と同じです。

      Étape 2 — 車両のジャッキアップ

      車両の角を車両の下で快適に作業できるようになるまでジャッキアップします。

      Étape 3 — オイルの排出

      19mmの六角ドレンボルトがオイルパンの裏側にあります。

      Étape 4

      エンジンオイルを扱う際は常に保護グローブと目を守るゴーグルを身に着けてください。車のエンジンを切ってすぐであるならばエンジンやトランスミッションはとても高温になるので気をつけてください。飛び散ったオイルを吹くために布や拭くものを用意しておいてください。

      Étape 5

      ドレンボルトが完全に緩んだらオイルと共にオイル受けの中に落とします。

      Étape 6 — オイルフィルターの交換

      オイルフィルターはエンジンの前側にあります。下向きですこし前に傾いてます。

      Étape 7

      オイルがフィルターの下から垂れるまでオイルフィルターを手で緩めます。

      Étape 8

      フィルターからオイルが十分に出きったら手でフィルターを外してください。ある程度のオイルがフィルターの中に残っているのでオイル交換の最中にオイルを完全に排出するようにしてください。

      Étape 9

      新しいフィルターに新しいきれいなオイルを半分くらい入れてください。

      Étape 10

      新しいフィルターを元々あった受け口の場所に設置して下さい。

      Étape 11

      オイル受けをオイルパンの下に戻します。

      Étape 12

      布やタオルを使ってドレンボルトの周りを拭きます。

      Étape 13 — 車のジャッキダウン

      誰も車の下にいないことをジャッキを上げる前に確認してください。

      Étape 14

      車両をジャッキアップし、ジャッキスタンドから離れるようにしてください。

      Étape 15

      ゆっくりジャッキを下げ、車から離れるまで下げます。

      Étape 16 — 新しいオイルを入れる

      運転席側の扉を開くとレバーがあります。

      Étape 17

      ボンネットの下から赤い矢印が書かれた黒いレバーが見えるはずです。

      Étape 18

      エンジンの上にオイルフィラーキャップがあります。

      Étape 19

      布やタオルを使ってフィラーキャップの周りのオイルや汚れを拭き取ります。

      Étape 20

      やっと待ちわびたパートです!さぁオイルを入れましょう。

      Étape 21

      もうちょっとでおしまいです!でも、運転する前にオイルの量が適切であるかを確認してください。エンジンの前側にある黄色いオイルメーターを取り外してください。

      Étape 22

      もう一度オイルゲージを取り外します。

      Étape 23

      12-24時間の間はオイルフィルターからオイルを流してください。

      Vos contributions sont faites dans le cadre de la licence open source Creative Commons.