Aller au contenu principal
Anglais
Japonais

Traduction de l’étape 6

Étape 6
Inside we find an army of courageous tri-point screws guarding the cable bracket that covers the battery connector and two of the display cables. A year ago we went out on a limb and added the Apple watch screw to our 64-bit toolkit. Boy, what a good thing we did.
  • Inside we find an army of courageous tri-point screws guarding the cable bracket that covers the battery connector and two of the display cables.

  • A year ago we went out on a limb and added the Apple watch screw to our 64-bit toolkit. Boy, what a good thing we did.

  • A second platoon of tri-points secure the bracket for the long and springy upper component display cable.

  • Tri-point screws are uncommon. While you could make the argument that tri-point screws are less likely to strip, we assume if it was a choice of mechanical advantage, we'd see them throughout iDevices. It's pretty clear that they are here to simply hinder the two most common user repairs: battery and screen replacements.

  • We dispatch our own weaponry screwdriver and force the bracket to surrender so we can continue our mission into the heart of the iPhone 7 Plus.

内部では、バッテリーコネクターと2本のディスプレイケーブルを覆っているケーブルブラケットを留めるトライポイントネジ護衛隊を発見しました。

1年前、私たちは賭けにでました。そしてiFixitの64-bit toolkitにApple watch用ネジを加えたのです。何ということでしょう!その賭けがここで報われたのです。

2番目のトライポイントネジ小隊は長くてバネのような上部コンポーネントのディスプレイケーブル用のブラケットに留められています。

トライポイントネジはあまり見かけません。トライポイントネジはネジ山がすり減りにくく、技術的な利点があるならば、どうしてこの iDevices全体に使われないのだろうかと議論をすることができます。ですが、ここにトライポイントネジがあるのは、最も多く修理される2つの箇所を単純に遠ざけたいとう理由からなのです。すなわち、バッテリーとスクリーンの交換です。

さて、私たちは(武装させた)スクリュードライバーを派遣し、そのブラケットを譲り渡すよう挑んでいきます。iPhone 7 Plusの心臓部分に侵攻していきましょう。

Vos contributions sont faites dans le cadre de la licence open source Creative Commons.